サービス付き高齢者向け住宅による土地活用のメリット

サービス付き高齢者向け住宅による土地活用のメリット

市場の拡大が続き、長期的・安定的な収益が期待できます。

  • 超高齢社会、超超高齢社会に向けて、継続してサービス付き高齢者向け住宅の需要は拡大していきます。
    サービス付き高齢者向け住宅による土地活用、資産運用は他の資産運用に比べ安定的・継続的な収益を生むことが可能で、しっかりとした利回りが期待できます。
  • もちろん、入居者の募集・管理などの運営はすべてバイ・スティックケアサービスが行いますので安心してお任せ下さい。

国土交通省による補助金が受けられます。

 

  • 高齢者の居住の安定確保の推進を図る為、一定の要件に該当するサービス付き高齢者向け住宅の整備事業を対象とし、事業主及び建築主(土地オーナーを含む)に住宅施設の建設工事費に係る補助金が助成されます。
  • 新築の場合、建設工事費のうち1/10を補助(上限100万円/戸)
  • デイサービスや診療所など、住宅部分ではない高齢者生活支援施設の合築・併設にも建設工事費のうち1/10を補助(上限1,000万円/施設)

 

以下のような税制による支援措置が受けられます。

  • 所得税・法人税  5年間 割増償却 40%(耐用年数35年未満28%)
  • 固定資産税    5年間 税額を2/3軽減
  • 不動産所得税   家屋 課税標準から1200万円控除/戸

地域社会に貢献することが出来ます。

  • 高齢社会の到来により、高齢者が安心して快適に暮らせる社会を創造するかは、我が国日本にとってとても大きな課題です。
    あなたの資産をサービス付き高齢者向け住宅として有効に活用することは、明るい日本を創造するためにとても大切なことであり、一人でも多くの高齢者に笑顔を届ける価値ある事業です。
    ぜひ、私たちとともに高齢者の笑顔を一緒につくりませんか!!
  •  

    ※補助や税制優遇については、条件・年度により異なることがございます。